京都大学公共政策大学院同窓会「鴻鵠会」

沿 革

  • 平成21年1月24日 同窓会設立総会開催 会則承認、第1期役員選出
  • 平成21年4月10日 初代研究科長 小野紀明先生より本同窓会に「鴻鵠会」と命名
  • 平成21年4月15日 大石眞研究科長、佐伯英隆教授 顧問就任

■同窓会役員 *( )内は修了年

会長 手嶋 隆行(2008)
副会長 柴田 知奈(2008)
理事 亀井 達彦(2008)
竹内 忍一(2008)
高橋 己代子(2011)
会計 安松 志郎(2008)
監査 千葉 修平(2009)
学年代表委員 関 裕介(2008)
神前 和正(2009)
伊吹 信一郎(2011)
事務局長 松村  勉(2008)
顧問 大石 眞  佐伯 英隆

■鴻鵠会命名の由来

『十八史略』の陳勝の言葉で、燕(つばめ)や雀(すずめ)のような小鳥には、鴻(おおとり)や鵠(くぐい)という大きな鳥の遠大な心はわからない。つまり、小さな人間には、大きな人間の志がわかるはずがないという意味です。燕や雀のような小さな鳥は、低いところで飛ぶので身の回りや目先しか見えませんが、大海をわたる鴻鵠のような大きな渡り鳥になれば、山の上も飛べます。また、山を越えれば海や森も見渡すことができ、大きく視野も広がります。つまり、未来を見通したり、大きな視野で考え、戦略的に物事に取り組むことができます。世の中には、大きな志を持つ人間にしかわからないことも多いということです。修了生は、高い志や大きな夢を持つ豊かな人間になって頂き、広く、社会で活躍してもらいたい。という初代研究科長 小野紀明先生の熱い想いから、命名を頂きました。